お知らせ

18歳未満の単独渡航の注意点

シンガポールの治安の良さから高校生の単独での短期留学のお問い合わせを頂くことが多くなっています。しかし18歳未満の単独宿泊(保護者付き添い無し)を認めていない宿泊先(ホテル/ゲストハウス)がほとんどを占めているため、宿泊先のご紹介が難しい状況です。現在、調査を進めていますが、一部のゲストハウス(相部屋・ドミトリー)は16歳以上の単独宿泊は可能です。

またご希望頂くことが多いホームステイ・民泊等での短期滞在は法律で禁止されているため。この方法での滞在もシンガポールでは困難です。