よく寄せられる質問英語について

【Q&A】 TOEIC対策の勉強をしたいのですが・・・

TOEICのスコアアップが必要な事情があり、対策をご希望でしょうか?
そうした具体的な事情が無い限り、「TOEIC対策は不要」だと思います。

多くの方が英語を学ぶ真の目的は、TOEICで高得点を得ることではなく、「英語を実践で使えるようになる」ことだと思います。

英語を実践で使う時、もちろん、TOEICで出題される「解答の選択肢」はありません。

TOEIC対策を行ってしまうと、「選択肢の中から消去法で答えを導く」などのテクニック的なものに走りがちで、それは、「英語を実践で使えるようになる」という本来の目的から外れてしまうことがあります。

TOEICは学習成果を確認する手段の1つに過ぎません。
しかし、いつのまにか、そのTOEICが英語学習の目的になってしまう、いわゆる「手段の目的化」が、英語学習においても起きています。

普段の生活で英語を使うことがない環境で英語を学んでいると、この「手段の目的化」に陥りやすくなります。普段、英語を使わない為、明確な目標・目的が設定できないからであり、TOEICが800点あっても実践では使えない人が多い理由もこれです。その為、わかりやすいTOEICが目的・目標になってしまっています。

これでは、定期試験や受験の為に英語を学んでいた学生時代と同じ、いつまでたっても英語を使えるようにはならないでしょう。

英語を確実に総合的に学習・実践すれば、特別な対策をしなくても、TOEICのスコアは自然にアップしていきます。そうして得たスコアこそ、真の実力で得たスコアだと思います。

100歩譲って、TOEIC対策を行ったとしても、それは、TOEIC700~800点を超えてからで十分だと思います。
700~800点以下の場合、まだまだ足りない英語の基礎部分(文法や単語等)がありますので、
その基礎固めの為、TOEIC対策ではなく、英文法・単語等の基本を徹底的に身に付けることが大切です。

但し1つだけ、TOEIC頻出単語、これは対策教材を使って学ぶのも良い方法だと思います。
TOEIC頻出単語は、実生活や仕事で使う頻度が高い単語が多いからです。

実践で英語を使えるようになることが第一の目標でしたら、TOEIC対策ではなく、英語学習の目標・目的を明確にしたうえで、学習に取り組んで頂きたいと思います。

最後に、具体的にTOEICのスコアアップが必要な方(例:勤務先で目標スコアが決められている)はどうすれば良いかをご説明します。

短期的にスコアアップが必要でしたら、日本で評判の良いTOEIC対策を受講するのが一番だと思います。海外ではTOEICはマイナーな検定試験です。一方、日本は世界一のTOEIC受検国、対策教材・対策講座も充実しているからです。