よく寄せられる質問語学学校について

【Q&A】 英会話中心の学校に通いたいのですが・・・

英語学校は日本の「英会話教室」と違い、文法・読む・書く・聞く・話すの5つの要素を総合的に教えます。

日本人留学生は会話を苦手としている方が多いですが、留学生の国籍により苦手な部分は様々です。
学校では様々な国籍の留学生が学んでいるので、1つの要素を突出して教えるのではなく、各要素をバランス良く教えるカリキュラムになっています。(ちなみに英会話を望むのは日本人・韓国人が多いです)

なぜ日本人は英会話が苦手なのでしょうか? 理由は簡単です。
会話の為の英語学習をしてこなかったこと、そして英語を使う機会(使う必要)が日本には無かったからです。

英語を使う機会が少ない為、日本の学校の英語教育は勉強(試験・受験)の為の英語になりがちです。試験や受験の英語は正解は1つだけです。

正解すれば点数を貰えますが、間違えていたらゼロです。その為、間違えてはいけない・・・という強迫観念を知らず知らずのうちに身についてしまっているのではないかと思います。

しかし実際の英会話では、例えば、She has・・・と言うべきところを、She have・・・と言ってしまっても意味は通じます。しかしこれがテストであれば得点はゼロです。

要するに少々間違っていても、言葉は通じるのです。

日本に住んでいる外国人が話す日本語を思い出してみてください。
100%間違いの無い日本語を話す外国人は少ないと思います。それでも彼らとの日本語の会話は成立します。

英語も同じです。間違えてはいけない・・・という強迫観念を取り除き、少々間違っていても通じればOK、という楽な気持ちで会話に望むのが上達に秘訣です。所詮、私達にとって英語は母国語ではありません。間違うのは当たり前なのです。

こうしたことから、会話を上達させるのは、英語のレベルうんぬんよりも度胸の問題だと思います。

授業後にクラスメイトと遊びに行く、趣味のサークルに入る、英語で習い事をする・・・など、積極的に英語を使う会をつくることが会話力アップの最大のそして唯一の近道だと思います。

留学して語学学校に通っているだけで英語がしゃべれるようになる・・・とは決して思わないで下さい。
それだけで英会話が上達するのなら、日本には英会話が出来る人がもっといるはずです。

今までの留学生をみていても、よく遊び、よく学んでいる留学生は英会話の上達スピードも早く、逆に勉強だけしてしまっている留学生は『英語の勉強』は出来るようになっても、使える英語を身に付けるのに苦労しています。勉強だけしてしまっていては日本で勉強しているのと違いはほとんどありません。

語学学校に通うだけなら日本でも出来ます。日本で通う場合と留学する場合の違いは、学校以外で英語を使える環境にあるということです。だからこそ、学校以外の時間の使い方で実践の英語力は大きく違ってくるのです。

学校の授業での英会話は所詮授業です。

自動車学校内のコースをいくら運転しても、なかなか上達しないのと同じです。自動車学校内のコースは、隣に教官が座りいつでもブレーキを踏める安全な状態で、歩行者もいない、大型トラックや自転車もいない、という実際の路上ではありえない特殊な状況で運転します。

実践の運転技術は路上での運転を繰り返し、時には失敗して、クラクションを鳴らされたりする経験を積み重ねることで身につきます。学校は基本を学ぶところ、それを応用して自分のものにするのは学校以外の時間です。

実践が大切だというのはわかっているけど、その最初の一歩がなかなか踏み出せない・・・ そんな話もよく聞きます。そんな方には、会話の練習が出来る英会話カフェの活用をお勧めしています。

実践で英語を使う前の練習として、シンガポール人と1対1で会話練習ができるプログラムです。英会話カフェは、短期留学・長期留学される方のオプションとしてお申込み頂けます。
英会話カフェの詳細はこちらでご案内しています。

しっかり学校に通い基本を学び、学校以外の時間で実践で英語をどんどん使ってみる、その繰り返しで必ず英語は上達します。