シンガポール行き航空券の探し方

シンガポール行き航空券

日本からシンガポールへの航空券は多くの選択肢があります。

選択肢は、「出発する空港」、「利用する航空会社」、「留学時期」などです。

それらの選択肢によって、往復の航空券代は、3万円程度(LCC・乗り継ぎ便)~十数万円(お盆や年末年始の直行便等)まで幅があります。

留学予算の多くを占める航空券、留学を考えたらまずは以下の方法で希望時期の航空券代を調べてみてください。

発着空港別 日本~シンガポール直行便 時刻表

羽田発着 成田発着 大阪発着 名古屋発着 札幌発着 福岡発着 広島発着 那覇発着

地方在住の方

日本航空・全日空で成田・羽田へ行き、直行便に乗り換える方法があります。

国内線の割引があり、乗り換えが日本国内のため安心です。

韓国・中国・台湾・香港などへの直行便がある地方空港からは、ソウル・上海・北京・台北・香港で乗り継ぐ航空券もあります。

お勧めのフライト時間帯

行き:日本を午前出発、シンガポールに夕方到着
帰り:シンガポールを夜出発、日本に翌朝到着

日付が変わって深夜0時過ぎに出発の便があります。予約時に日付を間違えないようご注意ください。

例:土曜日の夜に出発、日曜日の朝に到着の場合、日曜日の0時過ぎの便を予約

直行便 vs 乗り継ぎ便

乗り継ぎ便とは、他国の空港で乗り換えてシンガポールへ行く便です。
クアラルンプ-ル(エアアジア・マレーシア航空)・バンコク(タイ国際航空)・香港(キャセイパシフィック航空)・マニラ(フィリピン航空)・台北(チャイナエアライン)・上海(中国東方航空)・北京(中国国際航空)などがあります。

直行便の利点:乗り継ぎがないから安心(初めての海外一人旅にはおすすめ)
直行便の欠点:乗り継ぎ便やLCCより高いことが多い
乗り継ぎ便の利点:航空会社の選択肢が多い・地方空港からも便利・直行便より安いことが多い
乗り継ぎ便の欠点:時間がかかる・海外の空港での乗り継ぎへの不安

航空券を検索しよう:楽天トラベル

以下の各リンク先で、様々な航空会社のシンガポール行き航空券を検索できます。
開いたページに往復の日付を入れて検索ボタンをクリックしてください。
該当する航空券が表示されます。

東京発着シンガポール往復航空券 大阪発着シンガポール往復航空券
名古屋発着シンガポール往復航空券 福岡発着シンガポール往復航空券
その他の地域発着シンガポール往復航空券

シンガポール便を運行する航空会社

各航空会社のホームページからも航空券を予約できます。

シンガポール航空 東京・名古屋・大阪・福岡
日本航空 東京(国内線乗り継ぎ可)
全日空 東京(国内線乗り継ぎ可)
デルタ航空 東京(成田)
スクート 東京(成田)・大阪・札幌 シンガポール航空子会社の格安航空会社(LCC)
ジェットスター 東京(成田)・大阪・那覇 カンタス航空子会社の格安航空会社(LCC)
シルクエア 広島 シンガポール航空子会社